2021.05.17

高橋慶彦が選ぶスイッチヒッターベスト5。「オレは実験台だった」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Sankei Visual

 現代の野球界ではすっかり希少になってしまったスイッチヒッター。かつてスイッチヒッター百花繚乱の時代にまばゆい光を放ったのが、高橋慶彦(元広島ほか)だ。日本人スイッチヒッターとして初めて打率3割に到達し、通算1826安打、477盗塁を記録。1979年には今も破られていない33試合連続安打の金字塔を打ち立てた。色気のあるプレーで多くの野球ファンを魅了してきた高橋に、「歴代スイッチヒッターベスト5」を選んでもらった。

スイッチヒッターとして活躍した松井稼頭央(左)、デストラーデ(右)スイッチヒッターとして活躍した松井稼頭央(左)、デストラーデ(右)

5位 オレステス・デストラーデ(実働期間:1987〜95年/元西武ほか)

 オーレ(デストラーデの愛称)のパワーはすごかったね。外国人選手のスイッチヒッターといえば、オレとチームメートだったシェーン(リッチー・シェインブラム/元広島ほか)が思い浮かぶけど、オーレはホームラン王を3回、打点王2回を獲った実績もある。性格も明るかったし、外国人スイッチヒッターのなかで特に印象深いです。

 日本と外国ではスイッチヒッターに対する考え方が違います。日本は足の速い選手が両打になるケースがほとんどだけど、外国人は長打力のある選手でもスイッチヒッターになる。MLBで通算536本塁打を打ったミッキー・マントル(元ヤンキース)なんてまさにそうですよね。オーレもホームランを打てるスイッチヒッターでした。

4位 柴田勲(実働期間:1962〜81年/元巨人)

 スイッチヒッターとして初めて2000本安打を達成した先駆者、柴田さんを入れないわけにはいかないでしょう。実はオレがスイッチヒッターになったきっかけも、柴田さんでした。

 19歳の時、当時の古葉竹識監督から「スイッチヒッターになるか?」と言われたんです。右打者のままでもレギュラーだったと思うんだけど、なんでスイッチにしたのか古葉さんに聞いてみたことがあった。古葉さんは「巨人戦で柴田が左打席で内野安打を打つのを見て、いいなぁと思ったんだ」って言っていましたよ。まあ、実験台ですよ(笑)。