2021.03.25

真中満が古巣ヤクルトに提言。「4番村上」にこだわらなくていい理由

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • 五十嵐和博●撮影 photo by Kazuhiro Igarashi, Kyodo News

『特集:We Love Baseball 2021』
@真中満インタビュー(前編)

3月26日、いよいよプロ野球が開幕する。8年ぶりに日本球界復帰を果たした田中将大を筆頭に、捲土重来を期すベテラン、躍動するルーキーなど、見どころが満載。スポルティーバでは2021年シーズンがより楽しくなる記事を随時配信。野球の面白さをあますところなくお伝えする。
今回は、プロ野球解説者の真中満氏のシーズン展望インタビュー前編。東京ヤクルトスワローズ一筋で現役時代に日本一に貢献し、監督としてもチームをリーグ優勝に導いた真中氏。古巣の今季をどう見るのか。

今季も期待がかかるヤクルトの主砲・村上宗隆
【フロントの本気度がうかがえる選手補強】

ーーいよいよ、2021年ペナントレースが始まります。今回は東京ヤクルトスワローズの21年について伺いたいと思います。オープン戦こそ最下位に沈んでしまいましたが、まずは、キャンプ、オープン戦を終えた現在の状況をどう見ますか?

真中満(以下、真中氏)
 昨年オフの最大の懸案事項は、山田(哲人)、石山(泰稚)、そして小川(泰弘)がFAによって他球団に移籍するのか、それとも残留するのかということだったけど、結果的に3人とも残留を決めたことは最大の"補強"だと思います。そして、課題だった先発投手についても、年が明けてからバンデンハーク、そして田口麗斗を獲得しました。これはフロントの本気度が感じられるいい補強だったと思いますね。

ーー高津臣吾監督は就任2年目を迎えます。去年リーグ最下位の結果を踏まえて、期待するものも大きいと思います。今季は、どんな心境だと想像できますか?

真中
 昨年は苦しい戦いが続きましたよね。でも、シーズン中盤以降は、ある意味では割り切って若手選手を積極的に起用していました。そして、選手のコンディションにもかなり配慮していました。僕は「もう少し、無理してもいいのにな」と思いながら見ていたけど、これは確実に2年目の今季を見据えた起用だったと感じていました。

古巣ヤクルトの今季展望を語ったプロ野球解説者の真中満氏