2021.03.23

宮本慎也が選ぶ現役最強サード。気になるのは「村上宗隆の起用法」

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Sankei Visual

 プロ野球の"花形"のポジションとも言われるサード。これまで、多くの球界を代表する選手たちが、投打でファンを湧かせてきた。

 長くヤクルトのショートで活躍し、2008年のシーズン途中からサードにコンバートした宮本慎也氏もそのひとり。ふたつのポジションで合計10回のゴールデングラブ賞を獲得しただけでなく、打撃面では2000本安打を達成した宮本氏が、現在のプロ野球のサードについて語った。

昨年、本塁打王のタイトルを争った巨人の岡本和真(左)とヤクルトの村上宗隆(右)昨年、本塁打王のタイトルを争った巨人の岡本和真(左)とヤクルトの村上宗隆(右) ──宮本さんが現役選手の中で最強のサードを選ぶなら誰になりますか?

「現役選手の中で選ぶなら、巨人の岡本(和真)でしょう」

──岡本選手は昨シーズン、本塁打王と打点王のタイトルを獲得(31本塁打・97打点)するなど球界屈指のバッターですが、守備面はいかがでしょうか。

「少し俊敏性には欠けるものの、強い打球に対して、ボールとの距離の取り方がうまいですね。イージーなミスが少ないです。スローイングに関しては、ちょっと"抜く"ような投げ方が気になるところですが、悪送球もあまりない。

 サードは速い打球が来るため足を止めて捕球することが多く、ファーストまでの距離も長いので、肩の強さが必要とされるポジションです。ショートもファーストから遠いですが、流れの中で捕球からスローイングにつなげるケースが多いですから、単純な肩の強さによらないところがある。その点、岡本の"肩"の安定感は大きなプラスポイントですね」