2021.03.15

高校で野球部をつくり、公務員からプロへ。
漫画を超えた高木由一の仰天人生

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kyodo News

「なんで私がプロ野球選手に⁉︎」
第1回 高木由一・前編

 プロ野球は弱肉強食の世界。幼少期から神童ともてはやされたエリートがひしめく厳しい競争社会だ。だが、なかには「なぜ、この選手がプロの世界に入れたのか?」と不思議に思える、異色の経歴を辿った人物がいる。そんな野球人にスポットを当てる新シリーズ「なんで、私がプロ野球選手に!?」。第1回は、市役所勤めの公務員からプロ野球選手になった高木由一(元・大洋)のサクセスストーリーを紹介したい。

思いがけず進んだプロの世界で15年間プレーした高木由一氏(写真右) 自らの手で高校に野球部をつくり、プロの世界へ──。野球漫画ならすでに手垢のついたストーリーだが、実話があったとしたらどうだろうか。しかも、高校とプロの間に「地方公務員」というキャリアを挟んだとしたら。

 企画の主旨を伝えた瞬間、高木由一はぷっと吹き出し、「まぁ、そりゃあ、そうだろうね」と言った。フィクションでも書けないような野球人生を生きてきた当事者らしからぬ、他人事のような口ぶりだった。

 黒々とした太い眉。いかにも職人然とした佇まい。現役時代から「とっつぁん」の愛称で親しまれた高木は71歳になった。

「今でもプロで3割打てたのが信じられないし、なんでかな? と思うもの。本当に自分があの世界にいたのかなって思うこともありますよ。プロなんて自分には縁もゆかりもないところだと思っていたし、いまだに現実感がないんだから」

 高木は1949年、神奈川県相模原市大島に生まれた。早逝した次姉を含め女の子が3人続いたあとに生まれた、両親にとって待望の長男だった。尼僧から「高木家は女系の血だから男の子が育ちにくい。子どもの名前に『女』の字を入れたほうがいい」と助言を受け、「好一」と命名された。

 その後、成人した後に「勝負事に『女』の字が入るのはそぐわない」と周囲から言われ、改名を勧めてきたのも母親だった。「影響を受けやすい親だったんです」と高木は笑う。「嘉一」に名を改めたあとも故障禍に悩まされ、さらに「由一」に変えている。