2021.03.15

崖っぷちのドラ1田中正義がついにブレイクか。「自分に対して、いい加減にしろよ」

  • 中島大輔●取材・文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by Jiji Photo

『特集:We Love Baseball 2021』

 3月26日、いよいよプロ野球が開幕する。8年ぶりに日本球界復帰を果たした田中将大を筆頭に、捲土重来を期すベテラン、躍動するルーキーなど、見どころが満載。スポルティーバでは2021年シーズンがより楽しくなる記事を随時配信。野球の面白さをあますところなくお伝えする。

※  ※  ※  ※  ※

 2016年ドラフト1位で5球団が入札し、鳴り物入りでソフトバンクに入団して5年目の今季、大型右腕の田中正義にいよいよブレイクの兆しが見える。

 各紙がこぞってそう報じたのは、まだ今季の実戦登板を果たしていない段階だった。

「やっぱりモノが違う」という首脳陣の称賛とともに伝えられたのが、内面からにじみ出る変化だ。前年までとは明らかに表情が変わり、春季キャンプでは笑顔にあふれ、自信をみなぎらせているという。

2016年ドラフト1位で創価大からソフトバンクに入団した田中正義 だが、にわかには信じがたかった。これまで田中が低迷してきた要因として、肩やひじの度重なる故障に加え、ガラスのハートが指摘されてきたからだ。

「(来年の目標?)あんまりでっかい声では言えないんですけど、まったく自信はないので......」

 消え入りそうな声で漏らしたのは、日本から遠く離れた異国でのことだった。

 2019年12月、ウインターリーグに派遣されたアメリカ自治領プエルトリコで、田中はそう言った。記者に対して後ろ向きな発言を繰り返すことはソフトバンク担当から聞いていたが、初対面の筆者にもネガティブな言葉を続けることに、心底驚かされた。

 地球の裏側まで武者修行に出かけ、打ち込まれたわけではない。むしろ、ラテンの大男たちを力で圧倒した。6試合で防御率1.80。三振の山を築き、「意図を持って高めにフォーシームを投げ込み、フォークはえげつない」と、現地コーチが絶賛するほどだった。

 だが、カリブ海を燦々と照らす太陽の影で、田中の表情は晴れなかった。

「まずは、これだったら勝負できるという状態でキャンプに臨むことが今の目標です。その先を考えると、苦しくなっちゃうんですよね。まだ一軍で結果を出したことがないので、目の前のこと以外を考えたら精神的にきつくなります。あまりプレッシャーには強くないので......」

 帰国後の春季キャンプでは早々に右ひじを痛め、結局、2020年に一軍のマウンドに立つことはなかった。