2021.02.04

セ・リーグブレイク候補20人。
識者、番記者が推す逸材の成長度は?

  • photo by Koike Yoshihiro、Kyodo News

2021年ブレイクするのはこの選手だ!(セ・リーグ編)

 昨年のセ・リーグは、ルーキーの森下暢仁(広島)が2ケタ勝利を挙げて新人王を獲得し、高卒2年目の戸郷翔征(巨人)もローテーション投手としてチームのリーグ連覇に貢献。また、4年目の佐野恵太(DeNA)が不動の4番として首位打者に輝くなど、大きな飛躍を遂げてみせた。はたして、今季のセ・リーグでブレイクする選手は? 識者30人に聞いた。

パ・リーグ編はこちら>>

高卒1年目の昨年、プロ初打席初安打を記録したDeNA・森敬斗森敬斗(DeNA/2年目/19歳)

「バッティングに柔らかさがあって、力強さも兼ね備えている。足も速いし、守備も安定している。とにかくポテンシャルが高く、一軍で使っていけばしっかり結果を残すと思う」(解説者/齊藤明雄氏)

「昨年、イースタンリーグの試合を見た時、打ったあとの第一歩のキレ、次の塁を狙う貪欲な姿勢に魅力を感じた。人的補償でジャイアンツから移籍してきた田中俊太が加わったショートのレギュラー争いは、大和、倉本寿彦、柴田竜拓と多士済々。それでも昨年、二軍監督として森を見てきた三浦大輔監督なら、近い将来、ベイスターズの『1番ショート』を任せられる森を我慢して起用し続けるのではないか。そして試合に出続けることさえできれば、森は一軍で結果を出すだけのポテンシャルを備えている」(ライター/石田雄太氏)

「俊足と強肩に加えて、バットコントロールがすばらしい。ベイスターズのショートは、若手選手の台頭が期待されるポジションでもある。三浦大輔監督が率いる新チームを象徴するような選手になってほしい」(ライター/白鳥純一氏)

「昨年はシーズン終盤に一軍昇格を果たし、プロ初安打もマーク。高卒2年目の今シーズンは、三浦新監督のもと一気にレギュラー奪取を狙いたい。走攻守で高いレベルを持ち、チームのキーマンになり得る存在」(ライター/佐々木享氏)