2020.12.27

日本ハム4位・細川はイチローから刺激
「野球の神様みたいな選手になりたい」

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • photo by Sawai Fumi

 中学時代に名を馳せた選ばれし野球少年が門を叩く智辯和歌山では、毎年のように入学直後の4月の春季大会からベンチ入りする気鋭の1年生がいる。今秋のドラフトで日本ハムから4位指名を受けた細川凌平もそのひとりだ。

 1年春からベンチ入りし、夏はほぼレギュラーとしてスタメンに名を連ねた。秋からはセンターのレギュラーをつかみ、俊足を生かした走塁、広角に打ち分けるシュアな打撃で打線をけん引した。

今秋のドラフトで日本ハムから4位で指名された細川凌平今秋のドラフトで日本ハムから4位で指名された細川凌平  最上級生になるとキャプテンも務め、秋の大会終了後にはショートへコンバート。背番号も「8」から「6」へと変わった。プロ野球経験者の中谷仁監督から「プロ志望ならショートに挑戦したほうがいい」という助言があり、転向を決意したという。

 174センチ、75キロと決して大きいわけではなく、俊足巧打の野手として評価は高いが、プレースタイルとして何かが傑出しているわけでもない。今年夏の和歌山独自大会でも目立った数字はなく、甲子園球場で開催された交流試合でも精彩を欠き、当初は「大学志望でもいいのでは......」という声があった。

 その件について本人に尋ねると、細川はキッパリとこう言った。

「なかったです。自分は絶対に高卒でプロに行くと決めていたので」

 そして、こう続けた。

「小学校の時から高卒でプロに行くと決めていて、周囲にもそう言ってきたんです。そうやって自分にプレッシャーをかけてきたし、行けなかったら恥ずかしいくらいの気持ちでいました」

 細川は京都府出身。智辯和歌山への進学を決めたのは、5季連続して甲子園に行くだけでなく、プロに進むためでもあった。

「ただ強い学校に行きたければ、地元で声をかけていただいた高校へ進学するという選択肢もありました。でも自分は1年から勝負できる高校に行きたかったし、1年春からベンチに入れてもらって、早くから経験を積みたかったんです」

 なにより、プロ野球の世界を知っている中谷監督(入学時はコーチ)が指導の場にいたことも大きな決め手となった。

 中学時代もショートの経験があり、コンバートに関してはさほど抵抗を感じないと思っていた。だが、打球の強さや体の使い方など、高校レベルに達するまでには時間を要した。