2020.05.01

松坂世代のいま。PL出身・大西宏明が
波乱万丈の野球人生を振り返る

  • 広尾晃●文 text by Hiroo Koh
  • photo by Kyodo News

経営者と独立リーグ監督で奮闘する"松坂世代"大西宏明のいま(前編)

 1980年生まれの大西宏明は"松坂世代"のひとりとして、甲子園球児、プロ野球選手として活躍してきた。引退後は焼肉店の店主となり、昨年からは関西独立リーグ・堺シュライクスの監督を務めている。新型コロナウイルス感染拡大による未曽有の災禍のなか、大西は野球指導者、経営者として奮闘している。

2002年のドラフトで近鉄から7巡目で指名された大西宏明 大西はいまや全国的に注目を集めている少年野球チーム「堺ビッグボーイズ」の出身だ。つまり、筒香嘉智(レイズ)や森友哉(西武)の大先輩にあたる。

「尼崎(兵庫)生まれですが、小さい頃に堺(大阪)に引っ越しました。小学校から野球を始めて、中学1年(1993年)で堺ビッグボーイズに入団したのですが、理由はその地区で一番強かったからです。当時の監督は、現在代表の瀬野竜之介さんでした。今は"勝利至上主義"を否定し、子どもたちの将来を考えた指導をされていますが、当時は"昭和の野球"でした(笑)。

 瀬野さんも大学を卒業されたばかりで若く、朝から晩まで野球漬け。家に帰ったら疲れきって、風呂で半分寝ているような感じでした。僕らの代は行けませんでしたが、全国大会が狙える強いチームで、同期は30人ほど入団しましたが、3年生まで残ったのは12、13人ぐらいでした」

 堺ビッグボーイズで中心選手として活躍した大西は、1996年に名門・PL学園に進む。