2020.03.12

八重樫幸雄はDeNAラミレス監督が心配。
「孤立していないかな?」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi



「オープン球話」連載第16回(第15回はこちら>>)

【甘いボールを平然と見逃し三振する凄み】

――さて、前回は現・横浜DeNAベイスターズのラミレス監督との思い出について伺いました。今回はその続きをお願いします。グラウンドを離れたプライベートでのラミレスはどんな人なんですか?

八重樫 見た目どおりですよ。とにかく明るい(笑)。特別、がぶ飲みするわけじゃないけど、陽気にお酒を飲むタイプかな? 当時、通訳だった近藤(広二)と3人で飲むんだけど、近藤も冗談が好きなタイプなのでワイワイにぎやかに飲んでいたね。

DeNAで就任5年前のシーズンを迎えたラミレス監督 photo by Sankei Visual――やっぱり、話題は野球中心なんですか?

八重樫 野球の話もするけど、それだけじゃなくてバカ話も多いよ。そうそう、一度、(チャーリー・)マニエルの話題で盛り上がったことがあったな。

――1978年のヤクルト初優勝の立役者で、「赤鬼」と呼ばれたマニエルですか?

八重樫 そう。ラミちゃんはインディアンス時代のマニエルの教え子だから。前にもこの連載で言ったように、マニエルは日本の野球をすごくなめていたけど、ラミちゃんは彼を反面教師にしたのか、すごく真面目に日本の野球に取り組んでいた。それにしても、マニエルは全然練習しなかったよな。広岡(達朗)監督の言うことだけは真面目に聞いていたけど、それ以外の人の言うことは全然聞かなかったから(笑)。ラミちゃんとは正反対の性格だったよ。