2019.10.09

楽天がCSで「割り切った攻撃」。
平石イズム浸透で戦う集団になった

  • 田口元義●文 text by Taguchi Genki
  • photo by Kyodo News

 今にもあふれ出しそうな悔しさを抑制するように、楽天の平石洋介監督がクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ敗退直後の心境を述べた。

「悔しいですね。選手、スタッフも含めみんなが頑張ってくれて、何とか勝ちに導きたいと戦いましたが……導けなくて申し訳ない」

CSファーストステージでソフトバンクに敗れた楽天ナイン 楽天の指揮官としてチームを勝利に導けなかった。しかし、平石監督の”イズム”はこの戦いで表れていた。

「腹をくくる」
「勇気をもって戦う」

 今季、平石監督は何度もこの言葉を発し、チームを鼓舞してきた。ソフトバンクとのCSファーストステージでも、腹をくくり、勇気をもって攻めた。

 カギとなったのは「割り切った攻撃」だ。

 まず初戦で、楽天は相手エース・千賀滉大の”おばけフォーク”を捨てた。初回、浅村栄斗が放った先制弾はフォークだったが、コースは真ん中付近に甘く入った、いわば千賀の失投だった。

「いいところに決まったフォークは打てないし、真っすぐもコースに投げられたらファウルになるので……甘い球がきたら、しっかり前に飛ばすことだけを考えていました」

 浅村は、5回にもインコースのストレートをさばいて、2本目の本塁打を記録した。この割り切った対応に、平石監督も手放しで称賛の声を送っていた。

「低めのボールを我慢しようと思ったら、なかなか手を出せないと思う。甘く入ったフォークをうまく打ってくれたし、2本目も浅村の読み勝ちでしたね。難しいインコースのボールでしたが、変に狙い球を絞らず思い切り振りにいってくれた結果だと思います」

 この試合、楽天打線はオコエ瑠偉と茂木栄五郎にも本塁打が飛び出した。仕留めたのはいずれも高めのストレートである。

 合計4発。千賀を撃沈し5-3で勝利を手繰り寄せた打線に、小谷野栄一打撃コーチは「スイング力のある選手がうまく対応できていたと思います」と評価し、相手エースを攻略できた背景を説明してくれた。

「やっぱり、ボールの見極めができていたからでしょう。目線を下げて変化球や低めのボールを見逃がそうとしてしまうと、ストレートの対応もできずに三振したり、反応が遅れて自分のスイングができなくなるものですけど、そのボールに対して選手たちは我慢してくれた。目線を上げて、勇気を出して『どんどんスイングしていこう』という気持ちを出してくれたと思います」