2019.10.09

ロッテは若手有望株多し。ドラフト指名は
抑え、正捕手、左の大砲候補だ

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

チーム事情から見るドラフト戦略~ロッテ編

 ロッテのファームは、着々と若い芽が育っている。投手なら、土肥星也が9勝をマークして防御率2.35と二軍でエース格の働きを見せた。ルーキーの小島和哉は4勝、防御率1.85、同じくルーキーの中村稔弥も6勝、防御率2.65と健闘した。

 さらに、原嵩(しゅう/専大松戸出身)とルーキー・古谷拓郎(習志野出身)の”千葉コンビ”も飛躍の兆しを見せている。4年目の原は54イニングで58三振を奪い、古谷は先発として6勝を挙げた。

U-18のW杯で獅子奮迅の活躍を見せた創志学園・西純矢 野手も、安田尚憲がほぼフル出場して打率.258ながら19本塁打をマーク。今シーズン、一軍で36本塁打を放った同期の村上宗隆(ヤクルト)に刺激を受け、「来年こそはオレが!」の思いも強いだろう。

 また、1年目の今季は木製バットに苦心した藤原恭大伸びしろを期待してもいいだろう。打率.227とプロの洗礼を浴びたが、16盗塁を記録し、刺されたのは3回だけ。7月に開催されたフレッシュ・オールスターで連続して2盗、3盗を決めたスピードはすばらしかった。あの足は間違いなく武器になる。

浦和のロッテは悪くない。なんとかしたいのは幕張のロッテの方だろう。今年、シーズン終盤まで3位争いを繰り広げたが、楽天を差し切れず3位。とくに試合終盤、中継ぎ、抑えが辛抱できずにゲームを落とした場面が目立ったように思う。チームのセーブ数「29」がそれを如実に物語っている。もちろん、リーグ最少である。

 ここ数年の戦いを見ても、守護神・益田直也ひとりに負担がかかっているように思うし、西野勇士も故障を抱えながら頑張っているが、どう見ても盤石ではない。ここにひとりでも力になってくれる生きのいい若者がほしい。

 筆頭は、西純矢(創志学園)だ。高校生だが、ボールの質、勢いは間違いない。なにより、度胸がすばらしい。U18で見せたここ一番での意気に感じた時の気迫は圧巻だった。信用されて、持ち場を与えられた者の気概に満ちていた。高校生投手の完成度の高さでは奥川恭伸(星稜)の評価が高いが、西だって負けていない。単独指名もありだと思う。