2019.02.23

与田剛監督が描く根尾昂の未来像
「二刀流の可能性はゼロではない」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Sportiva

中日・与田剛監督インタビュー(後編)

インタビュー前編はこちら>>

 昨年の10月、中日の監督に就任した与田剛氏だが、最初の大きな仕事はドラフトだった。そこで中日を含む4球団から1位指名を受けた大阪桐蔭の根尾昂の交渉権を見事引き当てた。自身と同じ中日の”ドラ1”として、根尾をどのように育成していくのか。また、与田監督が描く理想の監督像とは?

自身も89年のドラフトで中日から1位指名を受けて入団した与田監督── 監督に就任された時、選手に「オレを使え、というくらいの勢いで向かってきてほしい」とおっしゃっていましたが、そのメッセージに応えているな、と感じる選手はいますか。

与田 徐々に出てきましたね。対外試合が増えてきたり、本格的に開幕が近くなってくるともっと変化が出てくると思うので、それを見ていきたいと思います。たとえば佐藤優は、この間の新聞に『ドラの守護神譲らん』という見出しの記事が載っていたので、「新聞、読んだぞ」って声をかけたら、すかさず「ハイ、僕、やりたいんです」と前のめりできてくれました。いいですよね、ああいうふうに気持ちを出してくるというのは……

── もうひとつ、ドラゴンズはドラフト1位の選手が思うように伸びてこない現状があるように感じます。監督もドラフト1位でのドラゴンズ入りでしたが、岡田俊哉、大野雄大、福谷浩司、鈴木翔太、小笠原慎之介、柳裕也、鈴木博志といったドラ1のピッチャーにとくに期待しているところはあったりしますか。

与田 ドラゴンズの監督になってから、このチームの歴史を紐解いて、この数年、なぜこういう状況になっているのかをいろんな人に聞いて回りました。その中で、ドラフト1位の選手が思うように活躍できていない、その原因はどういうところにあるのかについてもいろんな理由を聞きました。そうしたことを踏まえて、去年のドラフト会議の前の編成会議で、最大限の時間を使って議論を交わしたんです。指名した6人の選手については、現場もスカウトも編成も、なぜこの選手を獲ったのか、この選手はこういうふうに育てていくんだ、という認識をみんなで共有していくことが大事だと思っています。