2019.02.22

与田剛監督が語る中日再建案。
ベテラン選手へ「勘違いしてほしくない」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

中日・与田剛監督インタビュー(前編)

 森繁和監督のあとを継ぎ、今季から中日の指揮を執ることになった与田剛監督。チームは6連続Bクラスと低迷しており、建て直すのは容易ではない。それでも昨年、松坂大輔が見事な復活劇を遂げ、ドラフトでも4球団競合の末に大阪桐蔭の根尾昂を獲得するなど、再建の気運は高まっている。はたして、どのようにチームをつくり上げていくのか。与田監督を直撃した。

かつて中日の絶対的守護神として一時代を築いた与田剛監督── 「監督」と呼ばれることには慣れましたか。

与田 そうですね。最近、やっと「監督」と呼ばれて振り向くことができるようになりました。最初は気がつけなくて、「あれっ、誰のことなんだろう」って感じはありましたけど……(笑)。

── 監督という立場になって、見える景色というのは変わるものですか?

与田 自然と何かが見える、というよりも、見なきゃいけないという意識が強くなりますね。これも見なきゃいけない、あっちも見なきゃいけないと思うと、時間が足りません。

── 監督という立場でキャンプに入ってみて、難しさとかおもしろさとか、監督業をどんなふうに捉えていますか。

与田 この監督という仕事、実際は去年のドラフト会議から始まっていたと思います。あらためて思っているのは、監督という存在は人の運命を大きく変えてしまう、ということ。その意識から僕はスタートしました。オフの間も、2月1日のキャンプインに向けて選手たちを一、二軍に振り分けなきゃいけない。やっと振り分けたと思ったら、これから先は開幕へ向けて最終的な一軍メンバーを決めなければいけない。

 だけどそれはシーズンのスタートであって、終わりではない。じゃあ、そこから143試合、一軍と二軍の試合をどういうメンバーでうまく組み立てていけばいいのか。私は楽天で二軍のコーチも経験しましたから、二軍の試合に必要以上の負荷をかけてはいけないということも考えてしまいますし、でも一軍のゲームを優先して考えることは当然で、そのバランスは案外、難しい。一軍のことだけを考えてしまうと、二軍で調子のいい選手をそのタイミングで一軍へ上げられないとか、いざというときに調子を落としているとか、そういうことが起こる。だから一軍と二軍を連携させて、チーム全体をしっかり頭の中に入れておきたいと思っています。