2019.01.15

「落ちるところまで落ちた」ドラ1。
寺島成輝が探す浮上のきっかけ

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 昨年の春季キャンプで寺島成輝(なるき/ヤクルト)は、プロ2年目を迎えるにあたり「シーズン5勝をいちばんの目標としています」と言った。そうして、ICレコーダーに顔を近づけて「ここからが大事なところです」と話しを続けた。

「その前にまず1勝すること。そのために勝ちがつくように5回までしっかり投げること。その前に開幕一軍に残ること。そうなるにはオープン戦で結果を残すこと。そうした目標をひとつひとつクリアしていきたいです。その大前提として、投げる体力をつけ、全力の真っすぐを低目に投げること。常にそのことを意識して練習しています」

プロ初勝利を目指すプロ3年目のヤクルト・寺島成輝 結果的に、そのほとんどを実現することができなかった。シーズン終了後に行なわれた愛媛・松山での秋季キャンプで、寺島は苦しみ続けた1年についてこう振り返った。

「2月の沖縄キャンプが始まった時、まず紅白戦でアウトが取れずに終わったり……すごい下まで落ちたのですが、調子は徐々に上がってきたんです。ただ、そこから(インフルエンザで)体調を崩して寝たきりになってしまって……筋肉も体重も落ちましたし、いちばんわからなくなったのが投げ方でした。『あれ、キャンプではどうやってなげていたかな』って。そのあとはコーチと練習しながら、よくなったり悪くなったりで……」

 寺島は「イメージに体がついてこなかったんです」と言った。

「自分がよかった時の”指のかかり”とかあるんですが、そういう感覚が一切ないとか、全然違うみたいな。試合になれば相手に向かっていかなければいけないんですけど、自分の意識との戦いになってしまったんです」

 二軍では納得いかない登板が続き、戸田球場で練習する姿を見れば、悩み苦しんでいることが痛いほど伝わってきた。5月のある日の練習では、「オレはバスケもできる、バレーもできる、卓球もできる。オレはパワーもある、何だってできると思う。でも野球だけできへん。いや、できる」と自分に言い聞かせるように、ウエイトボールを頭上高くに放り投げるトレーニングを繰り返していた。