2018.09.08

一軍から三軍、プロから社会人…
細山田武史にしかできないこと

  • 阿佐智●文 text by Asa Satoshi
  • 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

 チームが崖っぷちから大勝利を挙げたせいなのか、細山田武史は高いテンションで会見場に姿を現した。自身は試合に出なかったにもかかわらず、チームの勝利を心から喜んでいることはその表情に表れていた。

 ジャカルタで開催されたアジア大会。日本代表はメダルを争うスーパーラウンドの初戦でオールプロの韓国に1-5で敗退。決勝に進出するためには台湾との試合で4点差以上での勝利が条件だったが、見事5-0で下し、韓国への再挑戦権をつかみ取った。

ベンチで若手にアドバイスを送る細山田武史 細山田がジャパンのユニフォームを着て国際大会に出るのは、実は初めてではない。早稲田大学時代、2年後輩の斎藤佑樹(北海道日本ハムファイターズ)らとともにチェコで開かれた世界選手権に出場し、銀メダルを手にしている。ちょうど10年前のことだ。

 そして今回、4年に一度のアジア大会で、細山田は再びジャパンのユニフォームに袖を通した。

「名誉以外の何ものでもありませんね。一生懸命やってきてよかったと思います」

 プロ野球選手としては成し得なかった日本代表メンバーに、社会人選手として選ばれたことを細山田は素直に喜んだ。

 大学生だった当時と、ベテランの域に差し掛かった今とでは、代表チームに対する構えは変わったかという問いに、細山田はこう答えた。

「大学の頃は目の前の1球に集中する、それだけでしたね。もう目の前のことと、自分のことしか見えてなかったと思います。試合に出る、出ないについては、代表の場合、今も昔もあまり気持ちは変わりません。チームメイトはライバルっていうよりも、ジャパンのユニフォームを着たらチームの結束が最優先。そこも変わりませんね」

 その言葉通り、この大会で細山田の声はベンチからグラウンドに響き渡っていた。大学ジャパンから10年。変わったことと言えば、試合に出なくても、フィールド全体に目が行き届くようになったことだ。

「今は自分のことを客観的に見られますし、他人のことに対して敏感になりました。キャッチャーというポジションのせいもありますけど、ピッチャーがいかにストレスなく投げられるかということを、社会人に入ってからテーマにしてやってきました。それが今回にもつながっているんじゃないでしょうか。あの頃は僕も若かったですから。今はいろんな経験を重ねてきたということです」