2018.08.26

球界屈指のリリーフたちに意外なつながり。
登場曲の好みが同じだった

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

 プロ野球選手から見る「応援」企画の第3弾。今回は、”火の玉ストレート”がいまだ健在の、阪神タイガースの藤川球児投手と、横浜DeNAベイスターズの守護神・山﨑康晃投手にスポットを当てた。緊迫した場面でマウンドに上がる東西のリリーフエースが、登場曲に関する秘話や応援に関するそれぞれの考えを語る!

(前回の記事はこちら>>)

藤川球児・阪神タイガース

今季もピンチの芽を摘み続ける阪神の藤川──登場曲にリンドバーグの『every little thing every precious thing』を選んだ理由は? 

「すべては妻のためです。妻がその曲が好きだったので選びました」

──リリーフ投手として、スローテンポな曲を採用している選手はあまりいないように思うのですが。

「そこは意識していませんでした。ただ、2008年だったか、横浜DeNAの山﨑康晃投手が現在使っている曲に変えようかなと思ったことはありましたね。でも、今の曲がファンに根づいていたので、『曲は変えたらあかん』と思いとどまりました」

──あくまで登場曲は、奥さまやファンのためのものなんですね。

「自分の気持ちを表したものではないですからね。僕がマウンドに上がるときには、グラウンドレベルで起こることに集中していて、それ以外のことには反応しないようにしているんです」

──今年の7月21日の誕生日に登板された際には、ハッピーバースデーソングも流れましたが。

「気がつきませんでした。ファンの皆さま、すみません! 祝っていただける気持ちは本当にうれしいです。ありがとうございます」

──それだけ集中されていると、他のチームの応援もプレッシャーにはならなそうですね。たとえば、ヤクルトスワローズの山田哲人選手の応援歌などは盛り上がりもすごいと思うのですが。

「山田選手の応援・・・・・・どんな感じでしたかね(笑)。あ、でも、巨人の応援は威圧感があります」
 
──東京ドームでの応援ですか?

「それはもちろんですが、甲子園でも熱量がすごいんです。やっぱり”伝統の戦い”とファンの方も認識しているからか、特別に声援が大きく感じます。それに負けないように、しっかり集中して向かっていこうと思います」