2018.08.24

元東大のエース・宮台康平の覚悟。
「プロは勉強を逃げ道にできない」

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

 8月23日、北海道日本ハムファイターズの宮台康平(23歳)が1軍デビューを飾った。福岡ソフトバンクホークスの強力打線を相手に4回3分の2を投げて2失点。6四死球と制球に課題を残したが、今後の飛躍を期待させる投球を披露した。

 宮台といえば「東京大学野球部のエース」として記憶しているファンも多いだろう。4年時に出場した昨年の東京六大学野球秋季リーグでは、15年ぶりとなるチームの勝ち点獲得に貢献し、同年のドラフト7巡目でファイターズから指名を受けた。

 同期入団の清宮幸太郎とともにファンの注目を集めるルーキーは、ここまでどんな進化を遂げてきたのか。1軍に昇格する直前に行なったインタビューで、宮台がプロ1年目の戦いを語ってくれた。

1軍初先発で粘投した日本ハムの宮台――プロ入りしてから半年が経ちましたが、ここまでの手応えは?

「いい状態で投げられれば、ある程度通用することがわかったので自信になっています。手応えはありますが、長いシーズンを通して投げるのが初めての経験なので、もうちょっと体力面でがんばらないといけないですね」

──ファームでは3勝を挙げましたが、初勝利を手にしたのは4月30日のイースタン・リーグでの試合でしたね。

「その試合の前から徐々にイニング数を増やしてもらって、少しずつ状態が上がっていました。自分でも納得できる投球ができたと思います」

──しかも、地元の平塚球場での勝利でした。

「うれしかったですね。思った以上に声援が聞こえたので力になりました。その試合だけじゃなく、(ファームの本拠地である)鎌ヶ谷スタジアムでもたくさんの声援をもらえますし、先日の北海道遠征では地元のファンの方々が温かく迎えてくれた。あらためて、ファイターズが多くの人に愛されている球団であることを実感しました」