2018.04.11

プロ野球「新外国人全員診断」
セ・リーグ編。あの選手はタイトル候補

  • スポルティーバ、田口元義●文 text by Sportiva,Taguchi Genki
  • photo by Koike Yoshihiro,Kyodo News,Jiji Press

2018プロ野球新外国人総チェック~セ・リーグ編

 今シーズン、セ・リーグには12人の新外国人が入団した。メジャー通算51勝右腕、ドラフト1巡目選手、米韓通算141本塁打の大砲など、多士済々。はたして、この中で本当に使える外国人選手は誰なのか? 目利きの解説者たちに診断してもらった。

プロ野球「新外国人」全員診断・2018~パ・リーグ編はこちら>>

伝家の宝刀・スライダーを武器に高い奪三振率を誇るレオネル・カンポス

レオネル・カンポス(広島/投手/右投右打/ベネズエラ)

「キャンプ中、彼のピッチングを真後ろから見たのですが、ストレートよりもスライダー、カットボールの方が打ちづらい投手だと感じました。ボールのキレもいいですし、スライダーやカットボールのときは球の出どころがわかりづらい。その反面、ストレートは見やすく、バッターからすれば恐怖心はないと思います。明らかにスライダーが生命線で、球種も少ないですから短いイニングのピッチャーですね。どれだけストレートを見せ球にできるかがカギになりそうです」(齋藤明雄氏)