2018.03.15

各球団スカウトが「獲り逃がした!」と
悔しがるDeNA2年目の正体

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Kyodo News

 毎年この時期、つまり2月のキャンプが終わり、オープン戦が始まった頃にスカウトたちに会うと、必ずその年のルーキーや若手選手たちの”品定め”となり、その流れでこれまでのドラフトで取り逃がした”逸材”たちへの思いに話は展開していく。

「あの選手、本当は獲りたかった……」
「こんなに成長するとは思わなかった……」

 そんな中、そうしたスカウトたちとの会話でたびたび登場するのがプロ2年目、横浜DeNAベイスターズ京山将弥。一昨年のドラフトでDeNAから4位指名を受け、近江高(滋賀)から入団した期待の右腕だ。

2年目の飛躍が期待されているDeNAの京山将弥 京山を獲り逃がしたある球団のスカウトは次のように語る。

「昨年のドラフトもねぇ、柳ヶ浦の田中瑛人(日本ハム3位)とか、霞ヶ浦の遠藤淳志(広島5位)とか……スラッとしていて、腕が長くて、右のオーバーハンド。そういうピッチャーに出会うと『あぁ、京山に似てるなぁ』って、ついつい思い出すんですよ。フラれた彼女のことが忘れられない……そんな心境ですね(笑)」

 また別のある球団のスカウトは無念の表情を浮かべてこう語る。

「僕が決めていいなら、3位で指名していました。場合によっては、2位もありだなと思っていました。個人的な感想ですが、作新学院から西武に1位指名された今井達也より、京山の方が断然上です。腕の振りの速さ、強さが違う。辞表を胸ポケットに忍ばせてでも勝負したいピッチャーでした」

 2016年夏の甲子園での京山の印象は、ある意味鮮烈だった。

 滋賀大会は26イニングで28奪三振を奪い、15安打を許したものの無失点。これだけ圧倒的なピッチングを見せれば、当然、甲子園初戦の常総学院との試合では先発のマウンドに上がるものと思っていたら、別の投手だった。

 その投手が連打されて苦しんでいるのに、京山はブルペンにも出てこない。やっとマウンドに上がったときには、チームはすでに3点を奪われており、しかもブルペンで1球も投げることなくダグアウトから飛び出してきたから驚いた。