2018.03.06

今永昇太は「あの魔球」の投げ方に
ついて、石川柊太に教えを請うた

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

横浜DeNAベイスターズ・今永昇太インタビュー(前編)

 今永昇太は、他のピッチャーのモノマネがうまい。

「けっこう、特徴をとらえることはできると思いますね。石田(健大)さんのモノマネだったらすぐできますし(笑)。子どもの頃から、杉内(俊哉)さんとか和田(毅)さんのマネをしていたんです。右だったら、斉藤和巳さんも……(出身が)九州(北九州市)でしたから、ホークスのピッチャーはよく見ていました。

 僕、今でも調子が悪くなったら誰かのマネをするんです。去年だったら、杉内さんみたいな投げ方もしましたし、いろんな人の投げ方を自分の中で取り入れましたよ。でも、それって、あんまりよくないんです。やっつけみたいな感じになってしまって、応急処置に過ぎません。最初は変わった感じがあって、いいなと思うこともあるんですけど、でもそれはあくまでも他人のフォームで、自分のものじゃありませんからね」

昨シーズン、チームトップの11勝をマークしたDeNAの今永昇太 研究熱心で、器用で、センスにあふれている。モノマネがうまいというのは、目で見て脳に刻んだ動きを、神経を通じて指先にまで伝え、正確に再現する能力に長(た)けている、ということだ。だから、いろんなことができてしまう。しかし、その器用さが逆に今永を苦しめてきたという一面もあった。今永が言う。

「いろんな人のフォームをマネすることで、何も考えずに済むこともあるんです。誰かのいいところを取り入れて、その人のように身体を動かして、最後、リリースだけを合わせればいいと……でも、そうすると、あのときはここがよかった、明日はこうしてみようというふうに、日々の感覚に頼って、毎日、フォームが変わってしまいます」

 だから、彼は決断した。今永昇太のフォームを作ろうと――そのために、今永は”虎の穴”の門を叩いた。

 コウノエ・スポーツ・アカデミー。

 スポーツトレーナーの鴻江寿治(こうのえ・ひさお)さんが福岡の八女(やめ)を拠点に行なっている1月のトレーニング合宿に、今永は初めて参加したのである。鴻江さんがこう話していた。