2017.10.28

解説者3人が占う日本シリーズ。
「DeNAの下剋上」予想が1人いた

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 日本プロ野球の最高峰の戦いである日本シリーズが開幕する。パ・リーグを圧倒的な力で制し、クライマックスシリーズ(CS)でも底力を見せつけたソフトバンク。シーズン3位ながら、CSで阪神、広島を撃破し、19年ぶりの日本シリーズ進出を果たしたDeNA.。果たして、どんな戦いが繰り広げられるのだろうか。解説者3人に日本シリーズの行方を占ってもらった。

2年ぶりの日本一奪還に燃える、ソフトバンク・工藤公康監督

岩本勉氏(予想=ソフトバンク4勝1敗)

投打における選手層の厚さ、個人の能力を比較すると、ソフトバンクの方が一枚も二枚も上のような気がします。さらに、ケガで離脱していた柳田悠岐が復帰した。まさに「鬼に金棒」状態といえるでしょう。

ソフトバンクの強さは、どんな展開になっても勝ち切れるところ。楽天とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでも、連敗スタートしたにもかかわらず、そこから則本昂大、岸孝之、美馬学という楽天が誇る3本柱を攻略して勝つわけですから、チーム力は相当なものを感じます。

一方のDeNAは、シーズン3位からCSを勝ち上がった自信と勢いがあります。特に広島とのCSファイナルステージでは、ローテーション投手である今永昇太と濱口遥大をリリーフで起用するなど、短期決戦ならではの戦いを見せました。おそらく日本シリーズでもそういった”怖いもの知らずの戦い”で挑んでくると思います。そうした、ある意味セオリーを無視した戦いが、ソフトバンクに通用するのか注目ですね。