2017.10.22

ドラフト1位の引き際。あの豪腕投手は、
なぜ27歳で引退を決めたのか

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Kyodo News

 プロ野球ではドラフト1位の選手が鳴り物入りで入団しながら、プロの厚い壁に跳ね返されることは珍しくない。しかし、2006年ドラフト1位(高校生選択会議)で東京ヤクルトスワローズ入りした増渕竜義は実力が足りなかったわけでも、選手生命にかかわる大きなケガに見舞われたわけでもなかった。プロ1年目に初勝利を挙げ、プロの壁を軽々と乗り越えたはずだった。

 それでも、プロ9年間で157試合登板、15勝26敗29ホールド、防御率4.36という成績を残しながら、あっさりとマウンドを去った。ドラフト1位の豪腕はなぜ、27歳で見切りをつけたのか? ユニフォームを脱いでから2年、『敗者復活 地獄をみたドラフト1位、第二の人生』(河出書房新社)という書籍で明かされた、早すぎる引退の理由に迫る。

力投する増渕竜義。まさに「豪腕」だった
――増渕さんは2015年シーズン限りでユニフォームを脱ぎましたが、当時はまだ27歳。若すぎる引退でした。一軍の壁を破れずプロ野球から去る者もいますし、肩やひじを壊してユニフォームを脱ぐ投手もいますが、そのどちらでもありませんでしたね。

増渕 自分に自信がなかったというのが一番です。自分が思うようなボールを投げられなくなったから。いろいろと試行錯誤はしたのですが、これ以上続けたら、野球が嫌いになってしまうんじゃないかと考えました。