2016.12.30

レジェンド・黒田博樹がファンと
カープに残した「心に刺さる名言」

  • 前原淳●文 text by Maehara Jun
  • 西田泰輔●写真 photo by Nishida Taisuke

 日本中に衝撃を与えた広島復帰から2年、黒田博樹は2016年シーズンを最後に、現役引退を決めた。この2年間、チームに多大なる影響を与えてきた黒田。そんなレジェンドから感じた”ひと言の重み”。偉大なエースは、発した言葉もまた人の心を突き動かすものばかりだった。

日本復帰の2年間で21勝を挙げた黒田博樹

「あと何年野球ができるか分からないですし、カープで野球をすることの方が 『1球の重み』を感じられるんじゃないかなと判断しました」

(メジャーリーグ球団からの年俸20億円以上とも言われるオファーを蹴って広島復帰を決め、金屏風の前に座って笑顔で会見に臨んだ/2015年2月17日)

「広島のマウンドは最高でした」

(2740日ぶりの日本公式戦登板で、7回96球、5安打無失点に抑えて復帰後初勝利。地元ファンはスタンディングオベーションで凱旋をたたえた/2015年3月29日)