2016.06.25

先輩捕手が分析。原口文仁が本物の「虎の正妻」になるために必要なこと

  • 中谷仁●解説 analysis by Nakatani Jin
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 阪神の正捕手になる選手の系譜を見ても、やはり打てないと務まりません。原口選手も腰を痛めて育成選手になったとはいえ、かつてファームの4番打者としてプレーしていましたし、打撃面では誰もが認める結果を残しています。

 矢野コーチも現役時代、勝負強い打撃で何度もチームを勝利に導きましたが、それよりも扇の要にいることでチームに安心感を与えていました。打つことはもちろん大事なことですが、捕手として試合に出る以上、投手や野手から信頼を得ないといけません。

 いま原口選手は矢野コーチと一緒にひとつずつ課題と向き合いながら、成長の階段を上っているところです。たぐい稀なバッティングセンス、研究熱心なまじめな性格……チームにとって欠かせない存在になるのはもちろん、球界を代表する正捕手になる可能性は十分に秘めていると思います。これからのさらなる活躍に期待したいですね。

関連記事