2016.02.11

育成出身のDeNA砂田毅樹が見せる「ギラギラしたプロ意識」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kyodo News

 2月7日、DeNAが今キャンプで初めて組んだ紅白戦で砂田は先発登板した。だが、結果は飛雄馬に3ラン本塁打を浴びるなど、3回を投げて被安打7、失点4。ブルペンで投げていたときのようにストレートが走らず、不安の残る滑り出しとなった。

 それでも、砂田は強気を崩さない。

「超力んで、指の掛かりが悪かったです。結果を求めすぎて、体が勝手に反応してしまったのかなと。でもまあ、いきなりうまくいきすぎても怖いですから。良いところも悪いところも見えたので、これから修正していきます」

 砂田毅樹、20歳。「こんな投手がいるから、プロ野球は面白いんだよな……」。今シーズンが終わる頃、多くの野球ファンがそんな感慨を抱いているかもしれない。

関連記事