2016.01.21

谷繁元信が盟友に明かす「引退の経緯と最後に見せた涙のわけ」

  • スポルティーバ●構成 text by Sportiva寺崎敦●取材協力 cooperation by Terasaki Atsushi
  • 五十嵐和博●写真 photo by Igarashi Kazuhiro

谷繁元信×野村弘樹 対談(1)

 昨シーズン、多くの偉大なプレーヤーが現役を引退したが、中日のプレーイングマネージャーであり、最多出場の日本プロ野球記録保持者の谷繁元信氏も27年の現役生活に別れを告げた。引退を決意した本当の理由は何だったのか? そして引退セレモニーでの涙のわけは? 横浜ベイスターズ時代にバッテリーを組んだ現・解説者の野村弘樹氏にすべてを語った。

横浜ベイスターズ時代にバッテリーを組んでいた谷繁元信監督と野村弘樹氏

野村 まずは27年の現役生活、本当にお疲れ様でした。もうね……本当にお疲れ様しかないよ。それ以外、言いようがない。

谷繁 ありがとうございます。僕も選手としてはやりきったというか、もちろん場面場面での悔いはあるんですけど、全体的に考えたら選手としてやり残したことは何もないと言えますね。

野村 選手を引退して初めてのオフは気分的にどう?

谷繁 すごく、楽です(笑)。もちろん、監督として考えなければいけないことはたくさんあるんですけど、選手としてだけで考えると、本当に楽です。例年であれば今頃にはもう自主トレに入っていますからね。オフに丸々何もしないというのは初めての経験ですから。

野村 解き放たれた感じはあるよね。

谷繁 正直、「野球をやりたい」とも疼(うず)かないですし、それだけやり尽くしたんだと自分でも思っています。

野村 シゲの場合は特にそうだろうね。選手として幸せなことだよ。

谷繁 本当にそう思います。