2015.10.30

ヤクルトが屈した、常勝ソフトバンクの「巨大圧力」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

 日本シリーズ第5戦(神宮球場)でソフトバンクがヤクルトを5−0で下し、2年連続の日本一となった。4番に座った李大浩(イ・デホ)は、打率.500、2本塁打、8打点(日本シリーズ新記録)の活躍でMVPに輝いた。

2年連続日本一輝いたソフトバンク。工藤公康監督は9度、宙に舞った。

 第5戦の試合前、ヤクルトの野村克則バッテリーコーチは、ここまでの戦いについてこのように語っていた。

「李大浩だよね。ひと言でいうと、いいバッター。バッティングは柔らかいし、ボールを見極めることができるし、状況に応じたバッティングができる。印象よりも対応力の高いバッターです。ただ、攻めどころがないわけじゃない。このままやられっぱなしじゃ。意地もあるし、まだ3試合残っているので......」

 李大浩はシリーズ初戦に3安打すると、2戦目はヤクルト先発の小川泰弘から先制の2ランを放ち、これが決勝点となった。2戦目のあと、ヤクルトの正捕手である中村悠平は、「李大浩のホームランで決まったみたいなものですよね」と言い、こう続けた。

「カーブをうまく打たれました。頭の中にカーブはなかったような打ち方だったんですけどね。待っているボールでなくてもホームランにしてしまう。能力が相当に高い。ボール球も振らないですし、一発で仕留める能力も高い。今後はインサイドをもっとしつこく攻めた方がいいかなと思います」

 ヤクルトバッテリーは、3戦目こそ2打数無安打に抑えたが、4戦目は4打数3安打4打点と打ち込まれてしまった。中村が言う。

「柳田(悠岐)さんに神経を使いすぎたのかもしれません。結局、その後の李大浩に打たれてしまった」