2015.11.02

ソフトバンク「最強の組織」はこうして作られている!

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

 2015の日本シリーズは、ソフトバンクがヤクルトを4勝1敗で下し、2年連続日本一を達成した。

 今年のソフトバンクの戦いぶりには、"ストレス"というものをまったく感じなかった。要するに、日本シリーズという特別な試合に臨む緊張感のようなものがまるでなかったのだ。あたかも、ペナントレースを戦っているような日常感が、選手にもベンチにも漂っていた。

監督就任1年目で日本一を達成したソフトバンク工藤公康監督

 その自信に満ち溢れたソフトバンクを相手に、ヤクルトはひるんでいるようにも見えた。とりわけ投手陣は、小川泰弘をはじめとしてソフトバンク打線を警戒しすぎるあまり、いつものリズムを完全に失った。

 それほどに、ソフトバンクの選手たちの成熟した技術と、「常勝」というプレッシャーと戦いながら得た経験値は、我々の想像をはるかに超える強固なものとなっていた。

 今年のウエスタン・リーグで、投手の防御率上位4人が、すべてソフトバンクの選手だった時期が長く続いていた。そのことについて、ソフトバンクの関係者がこんなことを話してくれた。

「他のチームのファームの投手たちって、おそらくライバルもファームの投手たちなんですよ。でも、うちは一軍の投手たちと戦っている。そういう意識を持っています」

 その防御率上位4人の中に、いつも名前を連ねていたのがクライマックス・シリーズ、日本シリーズで好投した千賀滉大だ。

「ファームの月間MVPとか、うちの選手たちはなんとも思っていないですよ。ヤフオクドームで野球をやってナンボですから。そういう意識が、ファームの選手たちの中に完全に浸透しています」