2015.05.05

【プロ野球】球団グッズは高級志向か、独創性か? それが問題だ

  • 長谷川晶一(12球団ファンクラブ評論家Ⓡ)●文 text by Shoichi Hasegawa

12球団ファンクラブ評論家 応援グッズ探訪(4)

「パ・リーグ編」に続いて、今回からは「セ・リーグ編」第一弾。昨年Aクラスの3チーム、巨人、阪神、広島のグッズが登場。高級アイテムが揃う巨人、なぜか菓子メーカーとのコラボが多い阪神、カープ女子ブームを巻き起こした独創的な広島。なんと昨年の広島のグッズ売り上げは20億円超だという。特徴あふれる3球団の最新グッズ事情をご紹介しよう!

前々回の記事はこちら>>
前回の記事はこちら>>

《読売ジャイアンツ》
 球界の盟主を自任する巨人のグッズカタログは全42ページの堂々たるボリュームを誇る。今季からオフィシャルサプライヤーになった「アンダーアーマーアパレル」が大充実。他球団にも見られるように、女性向けデザインも多い。

 さらに、高額商品が多いのも巨人の特徴か? 触手が伸びたのはジャイアンツチェア(61510円)。知る人ぞ知る名門ブランド・カリモク家具製だという。さすがに6万円超を支払うことはできず購入は断念。

 パンフには載っていないものの、公式ホームページですごいアイテムを発見した。それが、「限定商品」のカテゴリーで発見した2014リーグ優勝記念【超限定版】純金製メダルだ。販売価格は驚きの1080000円! 本体価格が100万! 消費税だけで8万円! 一体、どんな人が買うのだろう? 何個ぐらい売れたのだろう?  

 我々庶民には縁遠い話なので、安価な商品が並んでいそうな「ダイニング用品」コーナーに目を転じてみる。そこで気になったのが読売巨人軍・江戸切子グラス。江戸切子職人の手になる東京ドームが描かれている赤と青2個セットだ。価格を見て驚いた。こちらは45360円。「一流のものを提供したい」という盟主の意地を感じさせる。

底面にGIANTSの文字が彫られた江戸切子グラス