2015.05.06

解説者7人の新人王予想「巨人・高木勇人を脅かすのは誰だ?」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 昨年はルーキーの大瀬良大地(広島)、石川歩(ロッテ)の両投手が新人王に輝いたが、今年は開幕5連勝を果たした高木勇人(巨人)が新人王最右翼として名乗りを挙げている。はたして、このまま高木が新人王レースをぶっちぎるのか? 解説者7人に2015年の新人王レースを占ってもらった。
(選手の成績はすべて5月5日現在のもの)

開幕5連勝をマークした巨人のルーキー・高木勇人

田口壮氏(元オリックス、カージナルスほか)

「巨人のルーキー・高木勇人(投手/6試合、5勝0敗、防御率1.71)は素晴らしい投手ですね。なかでもスライダーは独特の曲がり方をして、打者にとっては相当厄介なボールだと思います。具体的に言うと、彼のスライダーは一度止まってから一気に曲がり始める印象があります。そのためタイミングが取りづらく、おまけにキレもあるのでバットに当てるのも難しいと思います。僕の中ではケリー・ウッド()に匹敵するスライダーの持ち主だと思っています。このピッチングを続けていけば2ケタ勝利は確実でしょうし、新人王は間違いないと思います。
※ケリー・ウッド…98年にカブスでメジャーデビューを果たし、同年13勝6敗で新人王を獲得。スライダーを武器に三振の山を築き、1380イニングで1582個の三振を奪った。メジャー通算86勝75敗、63セーブ。

 一方、パ・リーグは……ちょっと名前が出てこないですね。これから活躍する選手は出てくるかもしれないですが、現時点で思いつく選手がいません」