2015.04.19

ライバルに聞く。「大谷翔平は難攻不落のエースになったのか?」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 二刀流を極める日本ハム・大谷翔平が、投手としてさらなる飛躍を遂げようとしている。今季は自身初の開幕投手を務め、ここまで(4月18日現在)3戦3勝。内容も抜群で19回2/3を投げて、被安打11、奪三振26、防御率1.37。ライバルたちは3年目の大谷に何を感じ、どう対策を立てているのだろうか。

今シーズン、開幕投手に指名された日本ハムの大谷翔平

 楽天は開幕戦で大谷の前に敗戦。平石洋介打撃コーチは今シーズンの大谷について、「元々すごい投手ですが、常に進化していますよね」と言った。

「年々、コントロールが良くなっていますし、変化球の精度も高くなっています。それに、ボールに力があって、キレもある。また、ランナーを出してからのクイックもうまくなっています。『ただ打つだけ』では攻略できないですよね。正直、大量得点は難しいです」

 しかし、平石コーチは大谷の進化を認めつつも、まったく攻略できないわけではないと言う。

「開幕戦も打ち崩すチャンスはあったんです。実際、立ち上がりはクイックを頑張ろうとしていたのか、コントロールが乱れていました。アウトコースを狙った球がインコースにいったり、ボールが暴れていました。ただ、ボール球ではなくストライクゾーンの中で暴れていたんです。結果的に的を絞りづらくなってしまいました。そのうち3回だったかな、急に表情が落ち着き、いいボールが来るようになりました。その立ち直りの早さはさすがだなと思いましたね」

 次回対戦する時は、どう大谷対策を立てるのだろうか。

「細かいところまで言えませんが、普通に考えればプレッシャーをかけていくしかありません。先程、クイックがうまくなったと言いましたが、だからといって走れないわけではありません。チームが一丸となって崩していくしかありません」