2015.01.02

大谷翔平、新春の誓い「15勝、20本塁打は達成したい」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 阿部卓功●写真 photo by Abe Takanori

大谷翔平インタビュー(後編)

 2014年、投げても打っても大飛躍を成し遂げた大谷翔平。高卒3年目にして一流プレイヤーの証である年俸1億円に到達した。さらなる進化に注目が集まる2015年。はたして大谷翔平が目指すものとは何なのか? 
(前回の記事はこちら)

2014年は日本人最速の162キロをマークした大谷翔平

―― じつはずっと訊きたかったことがあるんですけど......去年の2月1日、栗山(英樹)監督に怒られたじゃないですか。キャンプ初日、ブルペンで投げた時、フォームがバラバラで、監督は「ウエイトトレーニングで体をデカくし過ぎたんじゃないか」って......。

「『ふざけるな』って言われました(苦笑)。オフの間、トレーニングして体も大きくなっていたんですけど、その間、僕はあんまり投げてなかったんです。オフの間に体が変われば、フォームが変わってくるのは自分でわかっていました」

―― でも、周りはずいぶん騒ぎましたよね。

「『大丈夫か』っていう記事も多かったですし、監督からも怒られましたけど、僕としては、そんなに悪いことしたかな、っていう感じでした。だって、音合わせの作業は、キャンプが始まってからでいいなと思っていたんです」

―― 音合わせ?

「そう、音合わせ」

―― 野球の話なのに、まるでコンサートマスターみたいなことを言い出しましたね(笑)。

「あれはですね、僕からしたら、前へ進むための段階なんです。決して、後ろに下がっているわけではない。一見、技術的に衰えているというか、フォームがバラバラなように見えますけど、それは体が大きくなって肉体的なレベルが向上したから、そのレベルにフォームがまだついていなかっただけなんです」