2015.01.01

大谷翔平の告白「162キロより156キロの方がいい」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 阿部卓功●写真 photo by Abe Takanori

大谷翔平インタビュー(前編)

 2014年シーズン、日本ハムの二刀流・大谷翔平は投げて11勝4敗、防御率2.61、打って打率.274、10本塁打、31打点の記録を残した。ちなみに、「2ケタ勝利&2ケタ本塁打」達成は、ベーブ・ルース以来96年ぶりの快挙だった。さらに、10月の試合では日本プロ野球最速記録となる162キロをマーク。大飛躍を遂げた2年目のシーズンを振り返った。

日本人選手として初めて「2ケタ勝利&2ケタ本塁打」を達成した大谷翔平

―― 去年のこの時期も同じ質問をさせていただきましたが……大谷家ではお正月にはどんなお雑煮を?

「お雑煮……あれっ、食べたかな?」

―― またですか?(笑)

「お正月はお蕎麦なんですよ」

―― それは年越し蕎麦でしょ?(笑)

「もしかしたら、お蕎麦の中にお餅が入っているかもしれないです」

―― えっ、お蕎麦の中にお餅?

「醤油味の……お雑煮蕎麦」

―― それはもしかして、チカラ蕎麦ってこと?

「よくわかんないんですけど、美味しいからいいんです(笑)」