2014.09.03

セ・リーグ大本命の巨人はなぜ独走できなかったのか?

  • 阿部珠樹●文 text by Abe Tamaki
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 開幕前は断トツの優勝候補と思われていた巨人だが、9月2日現在、64勝51敗1分と首位に立ってはいるものの、2位・広島とは2ゲーム差、3位・阪神とも2.5ゲーム差と厳しい戦いを強いられている。今季、ここまで苦戦した理由はどこにあったのか?

極度の打撃不振で下位打線に座ることも多かった阿部慎之助

「投手力が落ちたことだと思います。エース・菅野智之の離脱も痛かったですが、それよりも誤算だったのがリリーフ陣。スコット・マシソン、山口鉄也、西村健太朗の調子が上がらず、3人の計算が立たなくなったことが、巨人が苦しんだ一番の要因だと思います」

 そう語るのは、解説者の吉井理人氏だ。そしてリリーフの重要性について、次のように語った。

「リリーフというのは専門職ですので、誰にでもできるという簡単なポジションではありません。それなりに場数を踏んで、経験を積まないとできません。今年の巨人には、マシソン、山口、西村に代わる投手がいなかったことが大きかったですね。ただ、首脳陣にしてみれば、3人ともここまで調子が悪いとは思っていなかったはずです。ひとりでも絶対的な存在がいれば、まったく違った展開になっていたと思いますよ」

 ここで、リーグ優勝を果たした過去2年間の投手成績と、今季ここまでの成績を見てみたい。

2012年 チーム防御率2.16(先発防御率2.35/救援防御率1.75)
2013年 チーム防御率3.21(先発防御率3.52/救援防御率2.57)
2014年 チーム防御率3.78(先発防御率3.48/救援防御率4.37)

 先発陣は昨年と大差はないが、リリーフ陣は2点近く悪化。吉井氏が言うように、リリーフ陣の不調が苦戦した大きな理由であるのがわかる。