2014.08.25

稲葉篤紀「『キャプテン』にすごく影響を受けました」

  • スポルティーバ構成●文 text by Sportiva special thanks to Shimamura Seiya, ORIX BUFFALOES, CHUNICHI DRAGONS, HOKKAIDO NIPPON-HAM FIGHTERS
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

8月特集 すべてのことはスポーツ漫画から学んだ(5)

プロ野球選手100人「人生を変えたスポーツ漫画」(3)

 プロ野球選手が子どもの頃、最も影響を受けたスポーツ漫画は何なのか? 現役のプロ野球選手100人にアンケートを行なった。今回はオリックス、中日、日本ハムの3球団。大谷翔平が愛したスポーツ漫画とは!?
(前回の記事はこちら)

『キャプテン』を読んで努力することの大切さを学んだという稲葉篤紀

【オリックス編】
T-岡田(26歳)
「子どもの頃はほとんど漫画を読まなかったのですが、プロに入ってから読み始めるようになりました。今はiPadで手軽に読めますからね。印象に残っているのは『Dreams』(※1)です。好きな選手は生田傭兵。主人公の久里武志からホームランを3本打つんです。ホームランを打つバッターはカッコいいですね」

坂口智隆(30歳)
「やっぱり『SLAM DUNK』(※2)がいいですね。バスケの素人がいて、エリートもいて、挫折した人間もいる。いろんな種類の人間が集まって、いちばん強いチームを倒す。最高ですね。今のオリックスがそういうチームかどうかは……ちょっとわからないですね(笑)。好きな選手は宮城リョータ。体は小さいけど、熱くて、負けん気が強く、デカイ相手にもひるまず向かっていく。カッコいいですよね」

平野恵一(35歳)
「『ミラクルジャイアンツ童夢くん』(※3)。日曜日の朝に放送していたのですが、当時は少年野球をやっていたので、雨が降って中止にならないと見ることができなかったんです。だから、毎週見ていたわけではないんです。ちょっと見ない間に消える魔球を投げていたり……(笑)。小さな選手が頑張っている姿に勇気をもらいました」

原拓也(30歳)
「『SLAM DUNK』ですね。小学校3、4年の時だったと思います。その頃、もう野球を始めていたのですが、この漫画にはまりました。キャラクターがみんな個性的で、読んでいて楽しかった。好きなのは桜木花道。努力して、バスケがどんどん上手くなる姿が良かったですね」

安達了一(26歳)
「漫画はまず読まないのですが、友達にすすめられて読んだのが『MAJOR』(※4)でした。それで、実際に読んでみたら面白かった。主人公の茂野吾郎は何度も挫折するのですが、その度に乗り越えていく。勉強になりましたね」