2014.02.18

完全復活を目指す斎藤佑樹にいま必要なこと

  • 小池義弘●文 text by Koike Yoshihiro

吉井理人の投究論 第10回

キャンプで順調な仕上がりを見せている斎藤佑樹。

 プロ野球は春季キャンプが始まってから2週間が過ぎ、各チームとも実戦形式の段階に入ってきました。いろいろな投手の情報を聞きますが、僕が今年注目しているのが、日本ハムで投手コーチをしていた時の教え子でもある斎藤佑樹です。

 今回のキャンプで彼に求められるのは、とにかく結果です。去年の故障明けからどんな状態でキャンプに臨んでくるのか注目していましたが、2月2日にブルペンで60球近く投げました。これが意味するものは、キャンプまでの準備をしっかりやってきたということです。その姿を見て、ホッとしたと同時に、今年に懸ける彼の思いが伝わってきました。

 斎藤を含めたすべての投手に言えることですが、シーズンオフの過ごし方は本当に大事です。最近は以前よりシーズン開幕が早くなっているので、その分、キャンプでは早く仕上げていく必要があります。つまり、キャンプインから投げ始めるのでは遅い。自主トレできっちり練習しておかないと、手遅れになります。

 特に若手はシート打撃や紅白戦で自分の実力を発揮し、オープン戦で結果を出して、初めて出場機会を得られます。斎藤も去年は1試合しか登板していないので、先発ローテーション入りするにはキャンプ、オープン戦でのアピールが不可欠になります。そういった意味で、2月8日の紅白戦に先発して2回を2安打1失点。15日のDeNAとの練習試合でも先発して1回を無安打無失点と好投したことは、まずは第一段階をクリアしたと言っていいでしょう。

 そしてこの時期、結果とともにもうひとつ大事なことがあります。それは、自分のフィーリング、打者との感覚をどれだけ取り戻すことができるか、です。特に斎藤の場合、昨年はケガの影響もあって、実戦で投げたのは数試合ほど。まだフォームにばらつきがあり、本来の調子を取り戻すにはもう少し時間がかかりると思います。とにかく、シーズンに向けて重要なことは、無意識のうちに正しいフォームで、それも繰り返して投げられるようになっていなければいけません。そのためにもキャンプでの反復練習、つまりある程度の投げ込みが必要になります。