2012.06.20

【プロ野球】1カ月勝ち星なし。
澤村拓一を襲った「2年目のジンクス」の正体

  • 阿部珠樹●文 text by Abe Tamaki
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

好調なチームにあって、澤村は交流戦1勝4敗と苦しんだ セ・リーグの球団としてはじめて交流戦を制したジャイアンツ。24試合で連敗は一度もなく、貯金は10を数えた。杉内俊哉のノーヒットノーラン達成、山口鉄也の連続試合無失点記録などの明るい話題も多く、チームは波に乗っている。

 その中で、不安材料を挙げるとするなら澤村拓一のピッチングだろう。交流戦は5試合に先発して1勝4敗、防御率4.80。5月20日のライオンズ戦に勝ってから1カ月近くも勝利から見放されている。飛躍が期待された今季、昨年の新人王がもがき苦しんでいる。

「肘や肩に異常があるわけではない。ただ、2年目のシーズンへの取り組み方を間違えた感じがしますね」

 そう指摘するのは、評論家の槙原寛己氏だ。今の澤村の状態というのは、いわゆる2年目のジンクスということなのか。

「それとは少し違うんです。彼は1年目から飛ばないと言われている統一球でやってきた。飛ばないボールなら、より強いストレートで押していけば抑えられる。体も大きくして、パワー型の投手として力でねじ伏せてやろう。そんな考えでオフ、キャンプと過ごしたのではないでしょうか」

 つまり、パワーで押す投球が壁にぶち当たっているというのだ。

「去年なら真ん中高めのストレートでも、結構空振りが取れた。しかし今年は、さすがに打者も対応していて、ファウルで逃げられるようになってきたし、ストレートを続ければ弾き返される。パワーだけで押していこうとして、やられているというのが現状です」

 また、澤村はピッチングに関して、自分の考えにこだわり過ぎているのでは、というのは同じく評論家の中村稔氏だ。

「どんな相手にも、球威のある球を投げて圧倒する。それがピッチングだと考えているような節がある。パワーがあれば、少々コースが甘くても大丈夫だというような考えが強いんじゃないかな。そういうピッチングが通用するのはアマチュアまで。プロではいいコースにきちんと投げ分ける技術を身につけないと」