2022.07.08

戦列復帰も「筒香嘉智がレギュラーに座り続けることは難しい」。現地記者が予想するDFAの可能性と今後の起用法

  • 澤良憲●取材・文 text by Sawa Yoshinori
  • photo by Getty Images

 筒香嘉智(ピッツバーグ・パイレーツ)がついに戦列に復帰した。腰痛で負傷者リスト(IL)入りしていた筒香は、7月5日(現地時間:以下同)の本拠地でのニューヨーク・ヤンキース戦に「5番・一塁手」でスタメン出場し、3打数2安打とマルチ安打をマーク。IL入り前に打率.177、2本塁打、15打点と低迷していたスラッガーは、復帰初戦から打撃をアピールして巻き返しを図っている。

7月5日に戦列復帰したパイレーツの筒香7月5日に戦列復帰したパイレーツの筒香 この記事に関連する写真を見る  筒香の戦列復帰までの道は、決して平坦ではなかった。5月27日のIL入り時、筒香は「腰部の筋肉損傷」と診断された。パイレーツのデレク・シェルトン監督は「数日間の状態を見てまた判断する」とメディアに話し、長期離脱を否定。ILの日数も10日間となり、6月6日からのリハビリ開始も予定されていた。

 しかし、その後は音沙汰がなくなった。米スポーツニュースサイト『ロト・ボーラー』は6月15日、メジャーのケガ人情報を伝える記事の中で、「筒香は7月上旬まで復帰しない見込みだ」と掲載し、復帰まで時間がかかると予想。実際、筒香がマイナーでのリハビリ実戦に出場できたのは6月21日で、IL入りから1カ月もかかっている。

 戦列を離れている間、現地メディアは筒香に厳しい評価を与えた。5月30日、パイレーツ専門メディア『ラム・バンター』は「筒香はサンクコスト(回収できる見込みのないコスト)だ」と表し、「若手選手の出場機会を奪う障害になっている」と痛烈に批判した。筒香は今季、パイレーツと1年400万ドル(約5億4370万円)で再契約している。それは、昨季にパイレーツでの43試合で8本塁打という成績を残したからだ。

 当然、今季もその打力が期待されていたわけだが、5月24日までの35試合出場で本塁打はわずか2本。二塁打も3本で長打率は.327。代わりに三振が31個と多くなった。パイレーツ専門メディア『バックス・ダグアウト』のジェイク・スルボドニック記者からは「スタメンに名前があれば、"自動的にアウトになるだろう"と思うようになりました」と言われるほど、現地メディアを失望させた。