2021.12.29

デストラーデから見た今季の大谷翔平は「ベーブ・ルースどころじゃない」。二刀流として完全開花した契機も分析

  • 杉浦大介●文・撮影 text & photo by Sugiura Daisuke

「オレステス・デストラーデ」という名前を聞いて、胸を熱くするベースボールファンは多いだろう。1980年代後半から1990年代前半にかけて黄金期を築いた西武ライオンズの主砲として活躍し、1990年~92年に3年連続本塁打王を獲得。1990年の日本シリーズではMVPに輝くなど、大舞台での強さにも定評があり、弓を引くような独特のガッツポーズも相まってファンに愛された助っ人だった。

 引退後、デストラーデはフロリダ州タンパのコミュニティと強く結びつき、現在はレイズの地元テレビ局の解説者を務めている。日米両方の球界をよく知る"カリブの怪人"にとっても、今季の大谷翔平の活躍は衝撃的だったようだ。

取材時に、お馴染みのガッツポーズを見せたデストラーデ取材時に、お馴染みのガッツポーズを見せたデストラーデ この記事に関連する写真を見る  今季のMLBプレーオフ期間中、59歳になったデストラーデはタンパで日本メディアの囲み取材に対応し、大谷に関する意見を熱っぽく述べた。そこで大谷の比較対象として飛び出した名前を聞けば、2021年に"2ウェイ・モンスター(二刀流の怪物)"が成し遂げたことのスケールの大きさが、わかりやすく伝わるだろう。

「今季の大谷が、実際にMVPにふさわしいプレーをしたと思うか? 100%、間違いなくMVPだよ。ア・リーグのMVPだけど、ナ・リーグ、もしくはNFL、NBA......あらゆるアメリカのスポーツを総合してもMVPにも値するはず。それほど、彼の活躍には本当にびっくりさせられたね。これほど支配的ですごいプロアスリートは、ベーブ・ルースどころではなく、NBAのスーパースター、マイケル・ジョーダン以来だ。

 シカゴ・ブルズの一員として何度も優勝を重ねていた頃のジョーダンは、平均30得点をあげるだけでなく、NBA最高のディフェンダーでもあった。ここ30~50年で比較できるのは当時のジョーダンくらい。大谷のやり遂げたことは信じられないよ」