2021.06.22

米メディアが「大谷翔平の50ホーマー」の可能性について言及。それを後押しする数字と体の変化

  • 澤良憲●取材・文 text by Sawa Yoshinori
  • photo by AFLO

 6月4日(現地時間:以下同)から始まった、メジャーリーグオールスターゲーム(7月13日・デンバー)のファン投票。「指名打者部門」にノミネートされていたロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は、14日に公表された第1回中間発表で、52万6608票を獲得して同部門でトップに立っていることがわかった。

現地時間6月20日のタイガース戦までに23本のホームランを放った大谷現地時間6月20日のタイガース戦までに23本のホームランを放った大谷 この記事に関連する写真を見る  オールスター出場が確実視された大谷に対し、エンゼルスのジョー・マドン監督は「彼の意思に任せる」とコメントを出した。球団として、大谷の「投打同時出場」と「ホームラン競争への出場」の両方を了解する意向を示したのだ。

 すると18日、大谷本人も自身のインスタグラムでホームラン競争に出場することを表明。日本人選手として初めてなだけでなく、投手としてメジャー史上初という快挙が決定的になった。ファン投票開始前から、大谷のホームラン競争への出場を切望していた米メディアは、その決断を心から歓迎。『MLB.com』、『ESPN』、『CBSスポーツ』といった大手メディアがこぞってトップニュースで報じるなど、盛り上がりは最高潮を迎えた。

 多くの米メディアがホームラン競争への出場を望んでいたのは、大谷のスター性のみならず、"バレルゾーン"でボールを捉えられる高い能力を持っている選手である、ということも大きな理由だ。

 ファン投票が始まって間もない6月7日、『NBCスポーツ』は「ファンが望む2021年MLBホームラン競争」という記事の中で、「大谷よりうまくバレルゾーンでボールを捉える選手はいない」と紹介。スポーツ専門メディア『ザ・リンガー』、「大谷のバレルゾーン率は、ロナルド・アクーニャ(アトランタ・ブレーブス)と並んでメジャートップである」という記事を掲載した(6月1日)。