田中将大は「観る力」がケタ違い。
「勝てる」礎は中学時に築き上げた

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Okazawa Katsuro

 ボールだけで言えば、当時の田中レベルの中学生を探すのはそこまで難しいものではないだろう。しかし、気持ちや意識といった内面を加えると、田中レベルの投手を探すのは途端に難しくなる。

 投球スタイルもフォームも、マイナーチェンジを重ねながら結果を残してきた。駒大苫小牧高校、楽天、ヤンキースとチームは変わっても、田中の「勝てる投手」としての評価は変わらない。技術、体力はもちろんだが、中学時代から成長を目の当たりにしてきた者とすれば、その心と頭のなかにこそ、田中将大をつくり上げた最大のファクターがあると実感する。その礎を築いたのは、まぎれもなく中学時代の3年間だった。

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る