2019.07.08

大谷翔平の同僚、プホルスとイチローに
共通する野球への探究心

  • ブラッド・レフトン●文 text by Brad Lefton
  • photo by Getty Images

 アメリカには「You Can’t Go Home Again(古巣に帰れない)」という言葉がある。たくさんの思い出を残した場所に帰ろうとしても、以前ほど親しみを感じないという意味である。その言葉が日常的になったのは、1940年に出版された同じ題名の小説『You Can’t Go Home Again』(トーマス・ウルフ著)が人気を集めてからで、長年にわたり伝えられてきた。

 大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)のチームメイトであるアルバート・プホルスが久しぶりに古巣であるセントルイスに戻った時、その言葉は覆された。

8年ぶりにブッシュ・スタジアムでプレーしたプホルスは大歓声で迎えられた プホルスは2001年にセントルイス・カージナルスでメジャーデビューしてから、11シーズンで9回もオールスターに出場するなど、スター選手として大活躍。

 だが、2011年のシーズンが終わったあと、FAでエンゼルスに電撃移籍。リーグが違うため、カージナルスの本拠地であるブッシュ・スタジアムでプレーすることはなかったが、先日、移籍後初めて古巣へと戻ってきた。

 8年ぶりにセントルイスにやって来たプホルスを見ようと、連日満員の観客が押し寄せた。6月21日(現地時間)からの3連戦、観客は大歓声を送り、プホルスが立った全12打席をスタンディングオベーションで迎えた。

2戦目にホームランを放つと、カージナルス時代に放った445本塁打と同じように温かく迎えられ、ダイヤモンドを1周したプホルスがベンチに引き下がると、ファンはカーテンコールを求めて万雷の拍手を送った。それに応えてプホルスが登場すると、スタジアムのボルテージは最高潮に達した。

 大谷もこの3連戦の終了後、次のようにコメントを残した。

「いやぁ、すごかったですね。エンゼルスタジアムなのかなっていうぐらい盛り上がっていましたし、そういうところで昨日ホームランを打って、今日もヒットを打って。打つべきところでしっかり打って、やっぱりすごいなっていうか、スターだなって……チームメイトですけど、ベンチからはそういう風に見えました」