2018.07.10

バリバリ鍛えた田中将大。故障明けも
パワーアップで先発ローテ復帰

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Getty Images

「ばらつきがあった部分は修正をしなければいけない。ただ、脚のことは気にせずに5イニングをしっかりと投げられたことはよかったです」

 7月4日(日本時間5日)の3Aでのリハビリ登板後、ヤンキース田中将大の言葉は終始控えめではあったが、表情は明るく、確実な手応えを感じさせた。

メジャー復帰登板に向けて調整を行なうヤンキースの田中将大 この日はブルージェイズ傘下のバイソンズを相手に、5回を3安打無四球で2失点4奪三振。マイナー特有のピッチクロック(20秒以内に投げなければいけない)への対応に戸惑い、初回こそ先頭打者に右前打、2番打者に本塁打を許したもののすぐに適応した。スライダー、スプリットをテンポよく混ぜ、1回途中から5回2死まで14人を連続アウトに打ち取る貫禄のピッチングだった。

 田中にとって、マンハッタンから車で2時間強のスクラントンでの登板は、同じく故障離脱した2015年の5月以来となる。地元紙『スクラントン・タイムズ・トリビューン』には”田中登場”の記事が載り、独立記念日仕様の特製ユニフォームが2着限定179ドル(約2万円)で発売されるなど、現地には歓迎ムードが漂っていた。

 しかし、次に田中が上がるのはメジャーのマウンドになりそうだ。

「今日のことは今日のこと。(メジャー復帰は)正式に言われるまでわからないですから、言われたところでしっかりと投げる準備をやっていくだけです」

 本人がそう語った2日後、ボルチモアで開催されるオリオールズ戦(日本時間の7月11日)で先発することが発表された。

 田中は6月8日のメッツ戦での走塁中に両太もも裏を痛め、翌日に故障者リスト入りした。1年を通してローテーションを守ることを目指していた田中は悔しかっただろうが、大事なシーズン後半戦に向けて力をセーブできたと考えることもできる。ちょうど選手に疲れが出はじめるシーズン半ばでの主力投手の復帰は、ア・リーグの最高勝率を争うヤンキースにとって心強い。