2017.10.06

プレーオフのキーマンに浮上。
リリーフ前田健太がカーショウを救うか

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu
  • photo by AFLO

【MLBポストシーズン2017】ディビジョンシリーズ展望@ナ・リーグ編

 現地10月5日、ついにディビジョンシリーズが幕を開けました。ナ・リーグでは東地区1位のワシントン・ナショナルズ(97勝65敗・勝率.599)が中地区1位のシカゴ・カブス(92勝70敗・勝率.568)と、そしてリーグ最高勝率をマークした西地区1位のロサンゼルス・ドジャース(104勝58敗・勝率.642)は西地区2位のアリゾナ・ダイヤモンドバックス(93勝69敗・勝率.574)と対戦することになります。

「ディビジョンシリーズ展望@ア・リーグ編」はこちら>>>
※カッコ内はレギュラーシーズン成績。

先発からリリーフに回ることになった前田健太 まず、地区優勝チーム同士の対戦となる「ナショナルズvs.カブス」は、実に見どころの多いシリーズになるのではないでしょうか。今季のナショナルズは4月17日に首位に立ったあとはその座を譲らず、2位に20ゲーム差もつけて地区優勝一番乗りを果たしました。2年連続4度目の地区優勝に導いた原動力は、トップクラスと称されるメジャー屈指の先発3本柱です。

 エースのマックス・シャーザー(16勝6敗・防御率2.51)、剛腕スティーブン・ストラスバーグ(15勝4敗・防御率2.52)、そして左腕ジオ・ゴンザレス(15勝9敗・防御率2.96)。3人とも15勝以上をマークし、さらに防御率も全員2点台という成績は特筆ものです。3人は投手主要3部門(勝利数・防御率・奪三振)でほとんどベスト10に入っており、シャーザーは2年連続で奪三振王を獲得しています。