2017.04.19

イチローの隠れた大記録なるか。
あと296でメジャー28人目の快挙

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu
  • photo by AFLO

 昨年はマイアミ・マーリンズのイチロー選手が史上30人目の通算3000安打を達成し、日本のみならず全米中で大きな話題となりました。もちろん、今年も偉大な金字塔を打ち立てそうな選手が多くいます。そこで今回は、今季中に大台を突破しそうな記録を取り上げてみました。

メジャー17年目のイチローがまたも偉大な記録に迫りつつある 最初に紹介したいのは、テキサス・レンジャーズのエイドリアン・ベルトレです。今年4月で38歳となったベルトレは現在(4月17日)2942安打をマークしているので、あと58安打で史上31人目の通算3000安打を達成します。現在は右ふくらはぎのケガが再発して故障者リストに入っていますが、今年中に大台を突破するのではないでしょうか。

 また、それと同時に注目したいのは、二塁打と本塁打の数です。二塁打をあと9本打てば通算600二塁打を達成し、ホームランをあと5本打てば通算450本塁打に到達します。この「3000安打・600二塁打・450本塁打」を達成しているのは、過去にハンク・アーロン、スタン・ミュージアル、カール・ヤストレムスキーの3人しかいません。いずれも殿堂入りしている伝説のバッターばかり。彼らに並ぶ快挙があと少しに迫っています。

 次に紹介するのは、ロサンゼルス・エンゼルスのアルバート・プホルスです。イチロー選手と同じ2001年にメジャーデビューした37歳のプホルスは、あとホームランを8本打てば通算600本塁打に到達します。