2016.06.02

機動力よりパワー。ロビンソン・カノ率いる
マリナーズが改革成功

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu  photo by Getty Images

シーズン序盤を沸かせたチーム@ア・リーグ編

 2016年シーズンも6月に突入して50試合ほど消化しましたが、序盤戦のア・リーグでは東・中・西、いずれの地区でも予想外のチームが躍進し、メジャーを大いに沸かせています。

 まず、東地区で特筆すべきチームは、まさかの快進撃を見せるボルチモア・オリオールズでしょう。2014年に地区優勝したものの、昨シーズンは勝率5割で東地区3位に終わり、今シーズンもあまり期待されていませんでした。昨シーズン東地区を制したトロント・ブルージェイズや、最下位からの巻き返しを図るボストン・レッドソックス、名門復活の予感ただようニューヨーク・ヤンキースなどが東地区の優勝候補だったからです。

豪快なスイングでホームランを量産するロビンソン・カノ ところがフタを開けてみると、オリオールズは開幕から7連勝という最高のスタートを切り、5月に入っても7日からふたたび7連勝。その時点での勝率.657(23勝12敗)は、シカゴ・カブスに次ぐメジャー2位の高い数字を残しました。5月31日現在、28勝22敗・勝率.560で東地区2位。首位のレッドソックスに3ゲーム差まで迫っています。

 このチームの躍進を支えているのは、今シーズン新しく結成された「強打者トリオ」の存在です。昨年ホームラン王に輝いたクリス・デービス、若きスター候補のマニー・マチャド、そして今オフに加入したマーク・トランボ。この3人が、ライバルチーム相手に打棒をふるっているのです。