2014.03.12

優勝のキーマン。青木宣親が新天地で求められる2つの役割

  • 佐藤直子●文 text by Sato Naoko
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

 そろそろ日本では、高校野球の聖地・甲子園球場で、春のセンバツ大会が開催される頃だろう。かつては、丸刈りといえば高校球児の専売特許だったが、オープン戦真っ最中の米国アリゾナで、丸刈りの頭から大粒の汗を流し、ハツラツとしたプレイを披露している選手がいる。今季からロイヤルズに加入した青木宣親だ。

ロイヤルズでは1番打者として期待がかかる青木宣親。

 2シーズンを過ごしたミルウォーキー・ブルワーズからカンザスシティ・ロイヤルズへトレードされたのが、昨年12月5日のこと。昨季はシーズン途中にもトレードの噂が浮上していたため、青木自身、心のどこかで移籍の可能性はゼロではない、と考えていたようだ。

 ナ・リーグ中地区で首位争いを演じるかと思われていたブルワーズは、まさかの負け越し。チームは若返り策の一環として、若手有望株の外野手クリス・デービスをレギュラー格として起用する方針を固めた。中堅はカルロス・ゴメス、ライアン・ブラウンを左翼から右翼へコンバートし、左翼にデービス。ブルワーズのダグ・メルビンGMから青木の出番が減ることを告げられた代理人ネズ・バレロ氏は、すぐさま青木がフィットするであろうチームの選定を始めたという。

「チームの方針は止められない。同時に、ノリ(青木の愛称)ほどの才能をベンチに置いておくなんてことはできない。だったら、ノリが毎日プレイできて勝利に貢献できるようなチームにトレードしてもらうことが、全員にプラスに働く解決方法だった」

 そして、バレロ氏が提案したトレード先のひとつであり、最も強く推薦したチームがロイヤルズだった。ひと昔前は、ア・リーグ中地区の万年最下位チームだったが、生え抜きの若手選手がチーム主力に成長し、2012年は負け越しながらも地区3位へ浮上。昨シーズンは86勝76敗で10年ぶりに勝ち越し、上昇気流に乗り始めた。だが、このチームに足りないものがある。それが「典型的な1番打者」の存在だった。

 昨季ロイヤルズで1番打者を任されていたのは、左翼手のアレックス・ゴードンだった。中長距離打者のゴードンの1番起用は、完全なる消去法によるもので、「ゴードンを1番に据えたい」のではなく、「1番ができるのはゴードンくらい」だったからだ。ゴードンの能力を十二分に発揮させたければ、中軸での起用が最適だ。そのためにも、出塁率が高くて走れる典型的な1番打者の獲得は、ロイヤルズにとって最優先事項のひとつだった。

 オープン戦開始から10日近くが経つが、すでに「青木獲得効果」が表れている。3番ホスマー、4番バトラーに次ぐ5番を任されるようになったゴードンは、3月8日現在、8試合に出場し、打率4割で5打点を記録。本来持っている力が有効活用されるようになった。