2012.09.28

【MLB】全米中で話題騒然。ミゲル・カブレラ、三冠王なるか?

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu
  • photo by Getty Images

夢の三冠王まであと一歩。ミゲル・カブレラのプレイに全米中が注目している レギュラーシーズンも終盤となり、現地アメリカでは「誰がMVPとなるのか?」という話題で持ちきりです。昔のメジャーは個人成績重視でMVPが選ばれていました。しかし近年では、日本プロ野球と同じくチーム成績重視になっています。いかに地区優勝、もしくはプレイオフ進出に貢献したかが、MVPに選ばれる重要な要素となっているのです。

 しかし今年はひさびさに、抜きん出た個人成績でMVPを受賞するプレイヤーが誕生するかもしれません。なぜならば今、アメリカで最も話題となっているのが、「メジャー史上45年ぶりの三冠王誕生なるか」だからです。

 その注目の的となっているのが、デトロイト・タイガースのミゲル・カブレラです。現在、カブレラの成績は、打率.329(1位)・42本塁打(2位)・133打点(1位)。9月22日に42号ホームランを打ったときは、ジョシュ・ハミルトン(テキサス・レンジャーズ)に並んで3冠部門すべてでトップとなりました。

●ア・リーグ三冠ベスト3●
[打率]
1位 ミゲル・カブレラ(デトロイト・タイガース) .329
2位 ジョー・マウアー(ミネソタ・ツインズ) .326
3位 マイク・トラウト(ロサンゼルス・エンゼルス) .324

[本塁打]
1位 ジョシュ・ハミルトン(テキサス・レンジャーズ) 43本
2位 ミゲル・カブレラ(デトロイト・タイガース) 42本
3位 アダム・ダン(シカゴ・ホワイトソックス) 41本
3位 エドウィン・エンカーナシオン(トロント・ブルージェイズ) 41本

[打点]
1位 ミゲル・カブレラ(デトロイト・タイガース) 133点
2位 ジョシュ・ハミルトン(テキサス・レンジャーズ) 124点
3位 ジョシュ・ウィリンガム(ミネソタ・ツインズ) 110点

 1900年の近代野球以降において、三冠王となったのはメジャーで11人、延べ13人しかいません。しかも1967年にカール・ヤストレムスキー(ボストン・レッドソックス)が達成して以来、実に45年も誕生していない偉業なのです。それを今年、もしかしたらカブレラが塗り替えるかもしれないのですから、全米中が大騒ぎになるのも当たり前でしょう。