2012.02.24

【今日は何の日?】イチローがマリナーズのキャンプに初参加

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Mochizuki Hitoshi/AFLO

練習中、ケン・グリフィーJr.と言葉を交わすイチロー【1999年2月24日】
メジャー移籍のきっかけとなった充実の2週間

 オリックス・ブルーウェーブのイチローが星野伸之、戎信行とともに業務提携球団のシアトル・マリナーズのスプリングトレーニングに参加した。

 ケン・グリフィーJr.とのキャッチボールにはじまり、フリーバッティングでは左腕エースのジェイミー・モイヤーが打撃投手として登板。バリバリのメジャーリーガーたちとふれ合い、本場のベースボールを肌で感じたイチローは、「こんなこと言ったら怒られますけど、1日にして日本へ帰りたくなくなりました」と本心を隠さずにはいられなかった。

 一方、イチローのバッティングを見ていたアレックス・ロドリゲスは、「左のモイヤーの球を苦もなくヒットにする。打率で3割3分から4分、盗塁も70から80はできるよ」と評価し、ルー・ピネラ監督も「この国のトップでもやっていける。アメリカでプレイする意志が固まり、環境が整ったのならすぐに獲得に動かなければならない選手」と絶賛した。

 キャンプ中、スペアリブを食べて食あたりを起こすハプニングもあったが、2週間のキャンプを終えたイチローは、「メジャーでやるなら、マリナーズでやりたい」とひと言。その言葉通り2年後の2001年、今度は正真正銘のメジャーリーガーとしてマリナーズのキャンプに参加していた。

1

関連記事