退路を断ち、23歳で独立リーグへ 最速158キロの速球を武器に廣澤優はドラフト上位指名を目指す

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro

「自分は関東から出たことがなかったので、四国に来たのも人生で初めてでした。思ったより住みやすくて、新しい生活にも慣れてきました」

 そう語る廣澤優の横顔が、どことなくたくましく映る。身長193センチ、体重102キロの大きな体は、相変わらずどこにいても目立つ。23歳になった廣澤は、今年から愛媛県での新生活を始めていた。

この記事に関連する写真を見る チームの寮に入ることもできるなか、廣澤はあえてひとり暮らしを選択している。

「高校、社会人と寮でやってきたんですけど、ルールに縛られずに自分のペースでやりたい思いがありました。初めてのひとり暮らしなので自炊できるか不安でしたが、NPBは自分自身がやらないと上がれない場所ですから。自分に対して厳しい環境にしたかったんです」

 肉野菜炒め、鍋、オムライス。廣澤は「簡単なものばかりですけど」と苦笑するが、料理のレパートリーも広がりつつある。脂っこいものは避け、たんぱく質と野菜をしっかりとることを意識しているという。

【社会人の4年間でベンチ入りなし】

 愛媛マンダリンパイレーツ。そこは廣澤が人生を賭けて身を投じた場所だった。

 廣澤の名前が知れ渡ったのは、日大三に在学した高校2年の夏だ。当時は同期の井上広輝(現・西武)が、しなやかな腕の振りの本格派右腕として注目されていた。だが、廣澤は3回戦の龍谷大平安戦で先発投手に抜擢されると、5回2失点の好投で勝利に貢献。最速148キロを計測し、上々の甲子園デビューを飾った。

 チームは甲子園ベスト4まで進出。金足農との準決勝で敗れはしたものの、廣澤は2度目の先発マウンドを経験している。

 スケール抜群の大型右腕は、当然ながらプロスカウトの耳目を引いた。ただし、大きな肉体をコンスタントに制御するのは難しい。投げてみないとわからない不安定さが、廣澤の課題としてつきまとった。

 高校3年の夏は西東京大会準々決勝の桜美林戦で先発するも、1回2/3、3失点でノックアウトされてチームも敗退。廣澤は悩んだ末にプロ志望届の提出を見送り、社会人の強豪・JFE東日本に入社する。

1 / 4

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る